最新✨春の艶チークの作り方💕

こんにちは!

クレオヘア八丁堀店スタイリスト矢可部です!

🌙

もう2月も終わり3月になります!早いですね!

リップの裏技で素敵なバレンタインは送れたでしょうか??💖

🌙

今回はせっかく続けてメイクのことだったので、大事なチークのことも書きたいと思います🙌🏻✨

🌙

メイクでは

チークの有り無し、位置や濃さでも、

顔の印象を変化させることができます。

自分をどう見せたいか…

自分のなりたいイメージ…

お洋服の系統によっては大変重要!!

そして

見える範囲が広い分

注意が必要な場所でもあります😳!!

🌙

とはいっても、

メイクをネットで調べると

最近は沢山情報が出てきます。

“丸く入れたら可愛い印象になりますよ”

“頬骨に沿って入れるとシャープな印象に”

など

など

でもこれってどこでも言ってるし。

みなさん聞いたことありますよね。

今回は、いつものチークのやり方で良いです!!

そこに少し変化を持たせましょう!!

🌙

まずはいつものチーク👇基本は笑ったときに一番高くなる頬骨の所に丸く入れていますよね!

でもなんだか…チークが固まって見えて少し幼いイメージに…。顔の立体感が今ひとつです。

次に、👇

こちらはチークの入れる位置を変えていますが、印象は同じ。色が固まって見えることで、発色は確かに良いかもしれませんが、自然ではありません。

今回、変えるところは位置ではなく

“伸ばし方”!!!👇

同じ頬骨の位置に丸く入れた後、そのまま色をつけ足さずに頬骨の外側に払うように3回ブラシを動かします。

同様に目頭側…鼻の側面に向かって払うように3回ブラシで伸ばします。👇

中央の濃い部分がフワッとぼけて優しい印象になります。

内側にぼかすことによって

とっても自然なノーズシャドウの役割も果たしてくれるので一石二鳥🙌🏻❤️

丸顔の人は、外側にはぼかさず、鼻側のみがオススメ✨✨

理由は、

外側に伸ばすほど、“ここまで顔の輪郭がありますよー!”と強調するだけだからです。

目線を輪郭に持って来ず、顔の中央に集めることで錯覚効果で丸顔が気になりません🙏🏻❤️

ぜひいつものメイクに

取り入れてみてくださいね🌷🙌🏻

クレオヘア八丁堀店スタイリスト矢可部

 

Tags:
No Comments

Sorry, the comment form is closed at this time.